《 象嵌輪彩 花瓶 》 

今井政之

No  AB197 価格  ¥29,000
適用  共箱、しおり付
寸法  【高さ】 約18.3cm 【胴径】 約8.7cm
 【口径】 約3.4cm 【底径】 約5.7cm
状態  良好できれいです。



【 今井政之 】 Masayuki Imai

1930(昭和5)〜(現在)

大阪府出身 竹原工業学校卒
師:楠部彌弌、勝尾青龍洞、鈴木黄哉など

日展会員・理事、国際陶芸アカデミー会員
日本芸術院賞、京都文化功労者、
ビエンナーレ国際陶芸展名誉最高大賞、京都市美術展京展賞、
日本陶磁協会賞、日展特選・北斗賞など

幼少期は大坂で過ごしたが、少年期時代は戦争を向かえ、
父の郷里広島県竹原に疎開、
学校卒業後は陶芸家への道に進むことを決意して
備前焼作家の鈴木黄哉などに作陶の基本を師事、
また49年より岡山県工業試験所に勤務する傍らで
古備前の造詣を深める。
52年には備前焼作家西川清翠の勧めもあり、
京都に活動の場を移し、京焼名工であった勝尾青龍洞に師事、
さらに翌年には楠部彌弌を中心とした青陶会の創立に参加、
楠部からも作陶技術の指導を受けている。

展覧会出品では53年第9回日展にて初入選となり、
59年第2回新日展、63年第6回新日展にて特選・北斗賞を受賞、
66年に会員に推挙、以降も日展の中心的作家として毎回出品・入選を重ね、
76年に評議員、98年に理事にそれぞれ就任、
日展重鎮作家としての地位を築く。

また、その間、日展以外にも出品を多数しており、
64年に日本陶磁協会賞、69年京都市美術展京展賞、
74年ビエンナーレ国際陶芸展名誉最高大賞、
そのほか95年に京都文化功労者認定、同年毎日文化賞、
98年に日本芸術院賞を受賞。
また、個展でも58年の竹原市における初個展以降、
東京、大阪、京都、岡山を中心に全国の百貨店・ギャラリー個展をはじめ
多数開催、海外においても高い評価を受けている。

備前焼の焼締技法からその焼成時に起こる
亀裂をいかに克服できないかと独自に研究を重ね、
褐色系や緑青系を基調とした陶肌に色絵象嵌文様を装飾した
自らの作風を確立、
その象嵌文様には草花、花鳥、昆虫、文字など多岐にわたり
象嵌彩技法の第一人者とされる。
また、70年代後半よりそれまでの作品と平行して
志野や織部、塩釉などの作品も展開、
82年には象嵌彩に緻密な計算による窯変を加えた
新作を発表している。

( 名鑑WEBより )