1.ねずみ  2.う し  3.と ら  4.うさぎ  5.りゅう  6.へ び
 7.う ま  8.ひつじ  9.さ る  10.と り  11.い ぬ  12.いのしし

番 外 編  13.ねこ  14.ふくろう  15.

 (旧字は)は神獣・霊獣であり、通常は水中か地中に棲むそうです。
 その啼き声によって雷雲や嵐を呼び、また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔すると言われます。
 頭は駝、角は鹿、眼は鬼、耳は牛、体は蛇、腹は蜃、鱗は鯉、爪は鷹、手は虎。81枚の鱗、足に5本の指、
 口辺に長いヒゲ、牙をもっています。
 顎の下には逆さに生えた鱗「逆鱗」があり、それに触れると激しく怒るので、
 これが「逆鱗に触れる」と言う言葉の由来になっています。

釣窯釉「龍と子供」
加藤五山 共箱

JA119
\4,500
京焼 「龍」
山沢松篁 共箱

JA-39
\7,000
備前焼 「龍」
五郎辺衛 共箱

JA-83
\3,300
堆錦 「文箱 龍」
琉球漆器

JA-51
\8,000
双龍
扁額

JA-3
\26,000